安全と安心をお届けする荷揚のエキスパート あやせ興産

安全と安心をお届けする荷揚のエキスパート あやせ興産

  • 現場スタッフ
  • 上棟材
  • あやせ興産だから刻むことのできる、
    自分の1ページがあると思います。
  • 小島 圭三
  • 年齢49歳 平成27年1月入社(入社4年目)

体一つで稼げる仕事をしていて出会ったのが、あやせ興産でした。実際にやってみて、建方の現場はボードの運搬に比べて体への負担も少なく、長く働ける仕事だと感じています。それぞれの資材に番号が振ってあったりするので、ある程度経験を積むと、どの場所で使う資材かなどは大体わかってきますね。一つの現場をたくさんの職人さんと協力し合って進めていくため、終わった時の達成感は格別です。そうした一日一日の達成感が、この仕事の何よりの醍醐味だと思います。

私は昔キックボクシングをやっていて、自分で言うのもなんですが、実は名の通った選手だったんです。今はあやせ興産で働く傍ら、トレーナーとして若い世代の選手の育成にも励んでいます。会社が融通を利かせてくれるおかげで自分のやりたいこともできているので、とても助かっています。収入も安定していますし、もうあやせ興産以外で働くことは考えられませんね!

現場には若いスタッフもいて、話をすることも多いので、いろいろなことにアンテナを張っています。だけど仕事では、平成生まれにはまだまだ負けませんよ(笑)!体が丈夫な限り、60代でも現役でやっていくつもりです。新しく入ってくる方も、やりがいある仕事をしながら、自分の1ページを刻んでいってくれたら嬉しいですね!

  • 仕事に慣れたら、あとは楽しいことばかり!
    こんなにいい環境、他にはありません!
  • 藤本 栄孝
  • 年齢35歳 平成27年8月入社(入社3年目)

私にやりたいことをやらせてくれて、私の家族を守ってくれる会社です!

私はこれまでずっと、役者としての活動を続けながら、荷揚げの仕事で生計を立ててきました。あやせ興産への転職のキッカケは、結婚して守るべき人ができたこと。「社会保険がある荷揚げ屋」を探していて、あやせ興産に出会ったんです。20代で月60万稼ぐ仲間もいるなど、すごい業界だなと思います。

今はボードの現場が多いですが、建方の現場もやらせてもらっています。体を使う仕事なので、まず必要なのは体力ですね。約50キロのボードや資材を運べるようになったら一人前だと思います。それから、現場には多くの職人さんがいて、初めて会う方も多いので、コミュニケーション力も大切です。早く終わらせるためにも、みんなで協力し合って現場を進めています。あやせ興産のメンバーはみんな明るく、一緒に働いていて本当に楽しいんです。まるで部活動のような現場で、仲間と一緒に楽しみながら働けることが、この仕事の一番のおもしろさだと思います!

役者としては、少し前にCMのオーディションに受かり、最近撮影をしてきたところです。あやせ興産は自分のやりたいことをさせてくれるだけでなく、さらにしっかりとした待遇や収入で大切な家族を守ってくれます。私にとっては本当に転職ですね!

  • 他の業務内容も見る
    • 現場スタッフ 石膏ボード
    • リンク